今日もビーチ晴れ


コーギー達との何気ない日常や思い
by beauty-b
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
リンク
まりんぱ工房へ

ビューティービーチへ
Skypeボタン
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


トップバッター あずき♪

ゴールデンウイークいかがお過ごしですか?

ビーチ地方今日は一日雨・・・
せっかくのお出かけも雨ではテンション上がりませんよね~~。

当然のことながら私にお休みはありませんので本日もいつもと変わらず♪
そして明日は2月28日に生まれた3つの天使の中で唯一の女の子あずきちゃんが
トップバッターで新しいおうちへ迎えられます。
a0085464_2117243.jpg


オーナー様はすでにこれまで2頭のビーチっ子を育てていただいた信頼できる方♪
深い悲しみを経てこの日を迎えていただいたことが何より嬉しくて、そしてまた
ビーチっ子をと選んでくださったことが嬉しくて・・・
我が家に残したかった女の子を迎えていただくことになりました♪



みんなで遊んだ時間・・・いっぱい「元気に育ってね」と願った時間・・・忘れないでね♪


この子達が行ってしまうとしばらく出産予定はありません。
(現在交配中の子がいますので、その子が1番早い出産予定になりますがまだ何も
確定はないので・・・)ご連絡をいただいている方申し訳ありません。あと少しお待ちいただく
ことになりまそうです。

また我が家は子犬が生まれる前に予約を受け付けてはおりません。
子犬を選ぶ優先順位としての順番も設けておりません。
ただ、今後の予定や生まれたよの連絡はお約束させていただいてるかたには
しております。
これには私なりの考えがあって、簡単に言うとご縁を大切にしたいということなんです。

当然のことながら「コーギーが欲しい」と思ったときに何件かのブリーダーに連絡を
とるでしょうしそれはいけないことではありません。その中で選べば良いと思います。
例えば予約順位が1番のかたがみえたとしてもその方は別のところでも予約をしているかも
しれないしそれはいけないことではないとも思います。
でも予約順位が5番の方が「この子でないとダメなんだ」「ビーチでないとだめなんだ」
「今とっても辛いんだ」の方だったら・・・
本当にお譲りしなくてはいけないのはこの方なんですよね。私的に。

いつもブリーディングは「我が家に残す」ことを考えてのブリーディングですので
時にお断りさせていただく場合もありますし、またお話の中で考え方の相違が大きければ
お断りさせていただく場合もございます。

例えば24時間外で飼う、鎖で繋ぐ・・・と言う飼い方は私はNOですので、お断りさせて
いただきます。

子犬の予約・・・と言うより、事前に沢山のお話をさせていただいたり仲良くさせていただきたいな
って思います♪

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

ランキングに参加しております♪
ゴールデンウイーク中もポチっと応援していただけると
嬉しいです♪
[PR]

by beauty-b | 2014-04-29 21:53 | Comments(2)

反響が・・・

前回の記事で良くも悪くも反響が大きく、皆さんが本当に愛犬のことを
愛しているんだ大切に思っているんだ!と改めて確認させていただきました♪

メールやお電話でお話してくださった皆さん、ありがとうございます。
こちらのコメントで質問やご意見ありがとうございます。

まず改めて言わせていただきますが、治療のため食事制限を受けていたり
別の理由からでも食に悩んでいる子に関してはごめんなさい今回の記事は
全く別の観点からの記事になりますのでそこで批判されても???となってしまいます。

食事のことを全ての子対象にお話しすることは無理ですので今回は単純に
フードで肝臓の数値が上がることがあるということです。
そしてそれを知っていただき、不安でいる方に方法があるということ、あなただけじゃないよ
ということを伝えたいのです。

文才がないので誤解を生むことも多々あるかと思います。
そして正直凹みもうやだな・・・とも思いましたが、圧倒的に「知ってよかった」と言う方
からのお便りが多くて、凹んでられないなと思った次第です。

今日はもう少しだけまじめなお話。とその前に・・・
a0085464_18571379.jpg

a0085464_1858148.jpg

a0085464_18582961.jpg

癒されてください♪

肝臓ってそもそも解毒の臓器ですから、お薬や注射そして変なもの食べちゃった!ってことでも
数値が上がります。
フードのお話でたんぱく質の配合について触れたのは、犬が犬である以上良質なたんぱく質は
必要でココをあまり押さえると別の問題も出てきます。
たんぱく質をエネルギーに変えるときにアンモニアが発生するそうです。そのアンモニアの
解毒に肝臓が頑張るわけです。だから偏ったたんぱく質の摂取や高たんぱく過ぎるフードは
肝臓の数値をあげてしまうというわけです。

だからフードのローテーション(主たんぱくを変える、たんぱく質の量を考える)に
なるんですね♪
質問で多かったのがローテーションのサイクルです。
これはいろんな考え方があるのですが1週間といわれる方もみえます。
ただ実質問題としてなかなかドライフードを1週間サイクルって難しい気もします。
お腹の対応もあるし、ずっと続けたいことだからコストも大事。
だからとりあえず1袋交代にしてはどうかな~とおもいます。
その一袋は1キロなのか3キロなのか5キロなのか・・・それぞれの事情で決めたらいいのだと。

また肝臓は無言の臓器とも言われています。多少数値が悪くても犬達は症状として訴えない。
肝臓の特効薬も実質ないので「強肝剤」なんですよね。

で、肝臓を強くする食材として「納豆」「ゴマ」「大豆」「ウコン」があります。
日常の食事にプラスしてあげてもいいですよね♪(アレルギーのある子は気をつけてください)

また炭水化物の摂取も肝臓に良いようです。炭水化物が少ないとエネルギーとして
たんぱく質を沢山使おうとするのでアンモニアの発生が多くなるようです。
そうすると肝臓が頑張っちゃいます。お芋やかぼちゃ、好きですよね♪
ただ肝臓そのものが弱っている時は糖に耐える能力も低下しているのであげないほうが
いいです。

あとオススメフードはの質問も多かったのですが、我が家が現在使っているフードは
パーフェクションと言うフードです。サーモン、ポーク、チキンがあるのでローテーションしてます。
たんぱく質は24%。
たんぱく質を抑えたフードとして私が知っている中でのお話になりますが
SGJのセミベジタリアン、ナチュラルハーベストが20%以下だと思います。
パピー、身体を作りたい、スポーツドッグ・・・など20%以下では少ないと思います。
参考にしていただいたうえ、今はネットで調べられるしサンプルフードをとりよせる
こともいいかもしれませんね。
良いフードはもっともっとあるでしょうし、情報はやはり皆さんとの会話の中から生まれます♪

皮膚トラブルも問題だし、お腹も下痢などしないフードがいいし・・・
完璧なフードはないにしても皆が健康で輝いていられるために、私もアンテナ張っていたいと
思います。

季節的にフィラリアの血液検査の時期だと思います。
ついでも肝臓の数値も見ていただいてはいかがでしょう。
ちなみに数値が高くなるのはALT(GPT)とAST(GOT)です。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

ランキングに参加しております♪
お帰りの際にポチっとクリックしていただけると頑張れます!!
[PR]

by beauty-b | 2014-04-21 19:42 | Comments(6)

フードで肝臓の数値が?

ポカポカ陽気の先日、子犬達お庭デビューしました♪
a0085464_21562225.jpg

a0085464_21564533.jpg

a0085464_21572945.jpg

a0085464_2158141.jpg

お外は楽しいね~~♪

さて、先日の続きになります。
まず我が家の食事ですが、↑の子犬たちの離乳食は馬肉の生ミンチです。
そして生後約50日の現在は生馬肉+ドライフード(ふやかし)+ミルクの基本に
必要に応じてハーブだったり、消化酵素だったり・・・+しております。

で今回のお話はドライフードについてです。
1番多く使われているのがドライフードだと思います。

我が家もしっかり使っております。
細かい話をすると伝えたいことが沢山になってしまうので今回はしぼっていきます!

アレがいい。コレがいい。。。。
アレはダメコレもダメ。。。
私も随分フードジプシーしてきました。現在も「もっと良いものがないか・・・とも思っています。


で、現在使っているフードの前に使っていたフード。いろいろ差しさわりがあるかもしれないので
「A」とさせていただきますね。
このフードはお魚ベースで穀物不使用。防腐剤添加物不使用。
犬達の毛艶も良くなる、お腹の弱い子も改善する・・・確かにそんなフードでわたしもすごく
気に入っていました。子犬達の馬肉からの切り替えもお腹がゆるくなる子が多かったのですが
このフードはスムーズでした。

当然、我が家の子をお迎えいただく飼い主さんにもこのフードをオススメしておりました。

何ひとつ問題なく過ぎていた頃・・・

お客様のお1人から「去勢手術のために病院で事前の血液検査をしたら肝臓の数値が
高いと言われました」と連絡をいただきました。

えっ?肝臓の数値が高い?

子犬は成犬とはいろいろ違いますので血液検査の結果もきちんとした裏づけの元に高くていいもの
低くていいものもあります。

そしてそんな連絡はその後何人かの飼い主様からいただくことになりました。

殆どの子が避妊去勢手術の時にそのことに気付くという、逆を言えば何の問題もなく生活
していて血液検査の結果に「えっ!!!?」みたいな。

獣医さんの対応もそれぞれで「お薬を飲んで再検査」「フードを変えて再検査」「このくらいの値なら
手術可能」・・・

私は悩みました。
ブリーディングに問題がある?何がいけない?・・・

で決定的になったのが我が家にいた「ノブオ」です。
ノブオは1歳過ぎてから我が家のお客様である方のところへ迎えられました。

基本我が家はフードのローテーションをしていますが、ちょうどお渡しする時にAのフードだったので
そのフードをお渡しし、その後もそのフードで育てていただいてました。
で、ノブオの去勢手術となり肝臓の数値が高いとなったのです。

連絡をいただき、その時には「ひょっとしたらフードかも」というひとつの仮説もあったので
飼い主様に「別のフードを送るからそれ食べさせてくれないかな?」
そして血液検査。見事に正常値に戻っていました。

フードメーカーに問い合わせをしましたが「そんな話は聞いていない」と言う事でした。
でも輸入先には定期的に意見を伝える場所があるので、伝えますと。
でもそれ以降何の答えもいただけませんでした。

そしてその後フードを現在我が家が使っているフードに変えていただいた子、全ての
肝臓の数値が正常値に戻りました。


これからは私の個人的な見解です。
フードは高たんぱく低脂肪が良いとされていますが、あまりにも高たんぱくであると
肝臓に負担がかかるのではないかと。
防腐剤や添加物などは使用されていないフードなのでそちらでの肝臓への負担は
ないと思います。

私は最近のお客様に対しては成分表の見方や、良いフードは・・・と言うお話を
しています。そういう見方をするとこのフードは「良いフードなのです」。
でも肝臓の数値が高くなってしまいました。

また通常健康に生活している子に関しては「血液検査」って縁遠いものなので
知らずにいる方も多いのかもしれません。

そしてちょっと感じ悪いかもしれない言い方をしちゃうと、このフード高いです(爆)。
ですのでブリーダーレベルで使っている人も少ないだろうし、我が家は避妊去勢を
オススメ(賛成)していますのでこのような結果を得ることができたのかもしれません。

肝臓の数値が高い=病気ではないですが、肝臓が頑張っていることは確か。
緊急手術の時は怖いですよね。

ドライフードも日進月歩。
成分の見直しやリニューアルなども度々行われますので現在のAのフードがそのあたりを
改善しているかもしれません。

たかがフード、されどフード。フードを変えただけで肝臓の数値が変わります。
また「完璧」なドライフードはない!と思ったほうがいいのかもしれません。

最低限皆さんにオススメしたいのが「フードのローテーション」。
主タンパクを変えることをおすすめします。これはアレルギー防止にも大切です。


まだまだ私もわからないことがいっぱいなので、皆さんと一緒に学んでいけたいら
と思います♪よろしくおねがいします♪



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

ランキングに参加しております♪
皆様のお陰で少しランキングもアップしてまいりました♪
ありがとうございます!!
引き続きポチっとクリックで応援よろしくおねがいします♪
[PR]

by beauty-b | 2014-04-17 22:50 | Comments(17)

伝えるために♪

朝起きて、窓を開けて、心地よい春風を感じて・・・
さぁ!いくよ!!と気合をいれコーヒー飲みながら仕事が始まる♪

私の朝は超バタバタ(汗)。


しじみbabyたちもお名前も全員決まり「門(もん)くん」「マロンくん」「アズキちゃん」♪

動画を撮った時にアズキちゃんのお名前をまだ伺っていなかったので
まだ名前を呼べずにいましたが現在は「あずきちゃん♪」と呼んでます♪

ずっとサボリ気味だったブログですがちょっと頑張ろうかなって思っています。
初心に帰って・・・

そもそもこのわたしがブログを始めようと思ったきっかけは「伝えたい」ということからでした。
もちろん日々の何気ない話題もアリアリですが、食の事、躾のこと、病気のこと・・・
一緒に考えて行きたいと思うことも。

それには皆さんが見てくれる場所にいないといけません。
サボってばかりでランキングが下がりに下がり、これでは皆さんの目に留まることがなくなって
しまいます。

次回はドッグフードのことについて少しお話したいと思っています。
実はとても気に入っていたフードをやめることになりました。
その理由は「肝臓の数値が高くなる」と言うケースが多数出てきたからでした。
詳しい内容は次回にさせていただくとして・・・

皆さんの目に留まるようランキング上昇にご協力いただけたら嬉しいです♪



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

ランキングに参加しております♪
バナーをクリックしてページが切り替わったら応援完了です♪
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪
[PR]

by beauty-b | 2014-04-15 10:04 | Comments(6)

それを選ぶ時・・・

またまたご無沙汰してしまいました(汗)・・・

その間にいろいろありました。
ブルーがCH完成したり、私が腰をやっちまったり、、、、

嬢子がお空へ行ってしまいました。
りんこも・・・

そんな中先日残念でたまらない出来事がありました。
かなり重くそして長くなるかと思いますが皆さんで一度考えていただけたら・・・と思います。

重い内容ですのでその前に♪

かわいいでしょ~~♪天使!まさに天使♪


先日ある方からお電話いただきました。
我が家のお客様です。
愛犬の様子がおかしいということでした。
この方は以前も愛犬の様子がおかしい時に相談をしてくれました。
その時はセカンドオピニオンを勧め、結果愛犬ちゃんは元気になりました。

その時に私はセカンドオピニオンの必要性や飼い主としてもっと勉強することの
必要性を伝えたつもりでした。

今回1軒目の病院で「採血ができない子」といわれ、2軒目の病院へ行ったことは
「ああ解ってくれてるな」と思うところでした。
が、その時の診断が脾臓の癌。そして安楽死を勧められた・・・
そして飼い主もそれに応じました。

まず私は安楽死を絶対にいけないとは思っていません。
私自身沢山の犬達と向き合う中で嬢子もそうであったように、病気と闘う子と
いろんな思いの中不安定になりながらも向き合ってきた一人です。

そして・・・今まで一度だけ安楽死を選択したことがあります。
生後90日ほどの子犬でした。
脳にできた腫瘍のせいで何日も何日も眠ることもできず痛みから苦痛の泣き声を上げ
「もう、楽にしてあげよう」そう選択した事がありました。
ただ扉の向こうで逝かせることは飼い主として自分の選択した結果の大きさに目を瞑る
ことになる気がして私の腕の中で・・・

もう10年以上も前のことですが、今でも力がぬけていくその瞬間、目を閉じるその瞬間、
あの苦しそうな泣き声は忘れることができません。
というか忘れてはいけないと思っています。

私達人間は安楽死は認められていませんよね。
常々家族にも言うんだけど私自身「延命治療はしないで」派です。
だからそれを認められている犬達はある意味選択肢の幅が多いのかもしれません。
苦痛から開放してあげられるのかもしれません。

ただ、安易にその選択をしていいのか・・・というところです。
そしてもしその道を選ぶとしたらどんなときなんだろう・・・と。皆さんにも一度考えて
いただきたいのです。
「延命をしない」のと「安楽死」は違います。

そして「あと1ヶ月ももたないでしょう」といわれた1ヶ月をどう考えるか。
セカンドオピニオンの必要はないのか・・・

私が残念で仕方なかったのはもうひとつありました。
相談の後報告がなかったのです。
そしてface bookでお気楽な記事がいくつかあがってきていたのです。
それが悔しくてなりませんでした。

多分皆さんが思っている以上に私はお渡しした子たちへの思いがいつまでも残っています。
いけないことなのかもしれません。


少し前に愛犬の死を知らせてくれるメールが届きました(悲しみの中皆さんありがとう)。
その中に・・以前、愛犬の行動で悩みついつい「保健所」と言う言葉が出てしまったらしく
そんな相談に私は「それなら自分の手で殺してやってくれ」と言ったそうで・・・(汗)
保健所に持っていくという事がどういうことなのかわかっているのか?と確かそんなことを
言ったのだと思います。自分でも「ブチっ」って切れる音が聞こえそうです・・・すいません。
その方はちゃんと最期まで大切に育ててくださいました。ありがとうございました。

嬢子は最後は癌の肺への転移でしたので、呼吸も苦しそうでした。
食事もドライフードを食べなくなったので手作り食に変え、生肉は1番最後まで食べてくれました。
動くのが辛くなった時も目だけはしっかり私を見て、呼ぶとしっかりした力を目で現してくれました。
最期の時間も私と嬢子にとっては大切な時間であったことには間違いがありません。

でも嬢子が苦しそうに泣きつづけるようであれば・・・考えたのかもしれません。
でもその時は必ず私の腕の中で!!自分の決定した出来事の大きさをしっかり見届けるべき
なのです。と私は思っています。


重い話でごめんなさい。

こうして記事にしたことで再度命と向き合うことの覚悟を私自身ができ、過ぎてしまった出来事は
未来への課題として受け止めようと思います!!

また次回からは明るい話題に戻りますからね~~♪


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

ランキングに参加しております♪
お帰りの際にポチッとクリックしていただけると嬉しいです♪
もうとんでもなく下降一直線のランキング・・・(泣)
[PR]

by beauty-b | 2014-04-13 19:49 | Comments(14)