今日もビーチ晴れ


コーギー達との何気ない日常や思い
by beauty-b
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
リンク
まりんぱ工房へ

ビューティービーチへ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

飼い主の責任って?

先日のアリスンちゃんの記事で、沢山の方から「力になれることがあれば」と
メールや電話をいただいて、本当にありがとうございます。
皆さんの言葉1つ1つがとっても嬉しくてどよ~~んとしてしまう私の気持ちを
晴らしてくれます(*^▽^*)。

どこかにきっとあるアリスンとの赤い糸。
見つける協力を引き続きお願いしますね。

アリスンの事で補足させていただきますね。
飼い主さんは私に連絡する前に自分でも、アリスンの里親さん探しをしてくれた
ようです。「見つけられなかった」そうです。



そんな今日また1通のメールが届きました。
今年の11月で4歳になる女の子・・・同じく東京に住む子です。
文字にするのも腹が立つのですが・・・
「ここ2~3ヶ月毎日のように家族だれにでも噛む」
「このままだと一緒に暮らせない」
「保健所に持っていくしかないでしょうか」

どう思います?

短いメールの中での文面です。言葉足らずで説明仕切れない部分もあるのかも
しれません。でも・・・
私立ち上がれません・・・


保健所ってどんな場所か知ってて言っているんでしょうか?
自分達は何も悪くないとでも思っているんでしょうか?
「何とかして直したい」と思わないんでしょうか?


皆さんに今一度、考えて欲しいと思います。
犬達の問題行動には必ず理由があります。
その行動をさせているのは実は飼い主なんです。
ちゃんと向かい合って、自分ひとりで解決できない時はトレーナーさんなどについて
理解し解決して行く事は飼い主として必要な事だと思います。

犬を飼った時点で「親」なった事を自覚してください。
この子達は一人では生きていけない。
そして手に負えなくなったからと、子供を見放す親にはならないでください。

何より、もっともっと早い時期に真剣に相談してください。
心を傷つけてしまったり、間違った方法で益々信頼関係を崩す前に。

a0085464_2043572.jpg


我が家で生まれ、私が育てた子達は最初はやんちゃでいろんなこともしでかしますが
1年・・・また1年・・・と暮らしていくうちに本当に「最高のパートナー」になってくれます。
1頭たりとも、飼い主に危害を与えるような子には育ちません。
私が特別なのではないんです。もし特別があるとすればこの子達に対する愛。
よそ道に逸れたとしても、どんな事があっても戻してみせる!
だって大切な家族じゃないですか。それができるのは誰でもない、飼い主である自分だけ
なんですから。

私の足には右左合わせて24針縫った傷跡が今も残っています。
それは私が小学4年生の時に飼い犬秋田犬)に噛まれた傷跡。
その時の事はまた機会があればお話しますが、よく「そんな事があって、よく犬が怖く
ならなかったねー」とか言われますが、全然嫌いにも怖くもありません。
だって、そんな事になった理由がちゃんとあるから。
悪気はなくとも、無知であった私達はその犬の心を大きく傷つけていたから・・・

「足がちぎれる・・・」そう泣き喚きながら、運ばれた病院で処置を受けながら
先生が「あのね、酷い傷だけどあなたを本気でやってやろうと思ったら歯を入れた後
振るって引きちぎることもできるのに、飼い主だから深さだけの傷なんだよ」と
言われた時には痛さの他に別の涙がこぼれました。

なんだか、最近重い話題ばかりでごめんなさいね。
犬との暮らしは、こんなに楽しくて幸せなはずなのに・・・どうしてどこで間違ってしまう
のでしょう。犬は喋る事ができないけど、きっと言いたい事いっぱいあるんだろうな~。

可愛い子犬達の様子もお知らせしたいんだけど、ごめんなさいね~。
次回にはきっと明るい話題でお会いできると思います(*^▽^*)


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
1日1クリックで応援してくださいね(*^▽^*)

ビューティービーチへ
かわいい子犬達のオーナー様募集中です♪
[PR]

by beauty-b | 2009-08-16 21:13 | Comments(12)
Commented by ののパパ&ママ at 2009-08-16 23:57 x
こんばんは、初めての書き込みです。
「のの」を迎えてから早1ヶ月になります。
「のの」との出会いは運命的で、赤い糸を感じています。

生後4ヶ月しか経っていないこの子とは、トイレトレーニングと「甘がみ」をなおす躾けに悪戦苦闘しながら、笑いの毎日です。
最初から思い通りになるはずもなく、それよりもこの子が側に居て幸せを与えてくれていることが嬉しく、「のの」に感謝の毎日です。

言葉を持たない子だからこそ、一生懸命この子の気持ちを理解できるよう私たちが頑張らないといけないと思っています。

ちょっと悲しいようなブログでしたので、書き込んでしまいました。

みんな幸せになってほしいです。

Commented by ラブカレ。 at 2009-08-17 02:18 x
 私も立ち上がれなくなりました・・・。

 アリスンちゃんの家庭環境はよくわかりませんが、一人で飼っているのであれば、自分に何かあった場合を想定して、信頼できる家族や親戚、友人等に何度も犬を引き合わせて(慣らせて)おいて、一時的な里親になってもらえるように準備するのが当たり前だと思っていましたし、実際、一人でラブを飼っていた私はそうしていました。

 大切な存在だからこそ、愛犬の自分への愛情を分散させる必要があると私は思っています。

 その準備ができていれば、急な出張や海外旅行等があっても犬はおとなしく我慢できますし、アリスンちゃんも困らないですんだと思います。

 そしてもう一件のメール・・・絶句です。

 大切な命を目の前にして軽々しく「処分」とか「保健所」とか口に出してほしくないし、もっと真剣に向き合って欲しいです!

 P.S.ののパパ&ママさん、毎日の悪戦苦闘の日々がかけがえのない「思い出」になりますよ~。ののちゃんがいることでなんでもない日常に幸せを感じられるんですよね~。お二人のコメント読んで立ち上がれました♪トレーニング頑張ってください。
Commented by なおみん at 2009-08-17 04:14 x
こんばんは。今週はHACHIを観に行ってきたのですが、
愛犬の顔を思い出さずにはいられなくて・・・そして言葉では聞こえてはこない犬の深い愛を改めて感じました。

犬の問題行動には必ず理由があるし、「噛む」「攻撃する」ということは犬にとって自分の身を守るため生きるために ストレスに対処する反応です。
犬にとって飼い主って、自分の生活そのもの。  
そんな中で噛むということは それだけの原因が
日常の中に、飼い主にないか?考えてみてほしいです。
そこに飼い主として気づけたら、犬は変わるのだから。

噛むと思って接しているとそれが伝わってしまうし
犬にも豊かな感情があります。
なんとかしたいと思うならば
4年間家族として暮らしてきたのならば 
変わると信じてあげること それが第一歩だと思います。
向き合った先には、確かな信頼が生まれるはず。
私も愛良が幼い頃 問題行動に真剣に悩みましたが
今は信頼しあえる喜びでいっぱいです。
どうか手放すなんて言わないで・・・

と飼い主さんに伝えたいです。長文ですみません。
心から みんなの幸せを願っています。
Commented by モカとうちゃん at 2009-08-17 08:50 x
こういう話が身近にあるととても残念な気持ちになりますね。
熊本だったか、殺処分ゼロを目指して持ち込んできた飼い主を徹底的に指導する自治地があったと思いますが、そうなる前に飼い主を教育、指導する取り組みがもっともっと広がれば良いですね。
安易に保健所とか処分とか言う言葉が出てこなくなる様になってほしいものです。
ただ、今回の飼い主さん、まだ光があると思います。
ご本人も最悪の事態を口にしただけで本気でそれを望んでいるわけではないと思います。(相談のメールが来るんですから)
そういう言葉が出てくるほど追い詰められているように感じます。
どうにかしたいけどどうして良いか判らない、相談しようにも身近に相談相手がいない、どんどん視野が狭くなっていって途方に暮れているのではないでしょうか?
今が飼い主さんとその子の関係を再構築するチャンスだと思います。
応援しかできませんけど、良い結果になるよう導いてあげて下さい。
Commented by 桃太母 at 2009-08-17 11:45 x
アリスンちゃんの事といい、胸が締め付けられる思いで読んでいました。コメントされた方を初め皆さん同じ思いだと思います。

犬は気持ちを言葉に出して伝えられません。その代わりに噛んだり、吠えたり行動で伝えようとしています。
私も桃太の言いたい事が何なのか、いつも考えています。

もっともっと桃太の言いたい事が知りたくて、他のワンコが飼い主さんに伝えたいことを飼い主さんに教えたくて、そして全てのワンコと飼い主さんに幸せになって欲しくて、少しでも手伝えることがあればと思い「ドッグトレーナー」のプロになる勉強を始めました。

まだまだ未熟ですが、今回の飼い主さんのお手伝いが出来ればと思います。

私で良ければ相談に伺いますので、ぜひお伝えください。
半人前なので、費用はかかりません。
Commented by てんそら~ at 2009-08-17 14:35 x
保健所へ・・・本当に嫌な言葉。

犬の寿命は十数年!あっという間。
今、てんとそらは、11歳。あとどのくらい一緒にいられるのかと
思うと、涙出てきます。もっと、一緒にいたい!

人が問題行動と思うことも、いろんな方法で解決できると思います。
自分の犬が年老いた時、そんな事もあったな~懐かしむ日がすぐにやってきますよ。

アリスンちゃんも必ず本当の飼い主さんが見つかると思います。
4歳の子も飼い主さんが少し何かに気がつけば、変わると思うのだけど・・・

今、ビーチっ子4匹飼ってますが、最高!!
何があっても手放しません!私が先に逝くこともしません。
大切な命を預かっているのですから!
Commented by らむママ at 2009-08-17 15:01 x
犬は法律上「物」ですね。
実際に犬を飼ってらっしゃってもやはり「物」でしょうか?
そこに「命」としての存在を感じられない?
保健所ってどんなところ?
勿論分かってらっしゃいますよね。
自分の子供も思うようにならなければ「処分」するのでしょうか?
自分も子供に処分されますよね、その発想なら。

ビーチママにSOSを出された事を考えればきっと「物」ではなく「命」だと思って下さってるはず。
今一度考えてみてほしいな、家族としての意味を。

今我が家では助からない命を・・・
なんとか助からないものだろうかと。。。。
悩める日々を過ごしております。
物ではなくそこに命の尊さを感じるからです。
家族みんなの大切な命ですよ。
Commented by クルタ母 at 2009-08-17 22:22 x
辛いお話ですね。
実際に聞かれたビーチママさんはどんなお気持ちだったかと本当に胸が締め付けられます。

今はマザコン全開のクルタとも、クルタが小さな頃はバトルの連続でした。
私に勝ちたいクルタと闘いました。
噛まれたりもして随分凹みましたが、手放すなんて思ったこともありません。
そこを乗り越えて、本当にお互いかけがえのない存在になるのに、そのチャンスを逃すなんてその飼い主さんはもったいないことをしてますね。
わんこは話せないから、噛んだり、吠えたりで主張をするのだと思います。
そこをきちんと汲み取ってあげたらいいのになあと思ったりしますが、その飼い主さんは今、そういう努力の出来ない状態なんでしょうね…

わんこは飼い主を選ぶといいます。
クルたまとの出会いを思い返すと、確かに私は選ばれたんだなと思います。
選ばれたからには一緒に幸せになろうねと思います。

アリスンちゃんには今度こそ幸せになれる飼い主さんを選んで欲しいし、4歳の子には飼い主さんと幸せになって欲しい。
そう思います。
Commented by りゅうた.はは at 2009-08-17 22:51 x
今、悩んでいる飼い主さん、これから犬を飼おうと思っている方に聞いていただきたい。。

ちょっと検索してみるインターネット。。書店で手に入れる犬本。。
どこも、可愛い犬との幸せな楽しい生活の情報があふれています。

それを夢に描いて飼ってみたけれど、思うようにいかない。。ということは多いと思います。

我が家でも。。
「りゅうた」は初めて飼った犬で、
事前に本を読みあさり、インターネットで調べ、、、「よし!」と迎えたのですが、
それでも甘噛み等々に四苦八苦!
「ハウツー本の嘘つき~!!」と、
理想を思い描いて一生懸命だっただけに、毎日泣けて泣けて。。ずいぶん落ち込んだこともありました。

でも、ビーチママのアドバイスやお仲間の慰めを糧に、その時期を乗り越えたら、
りゅうたほど優しく可愛く賢い犬はいない!(ハイ、親ばかです^^;)と思えるほど、愛しくてたまらない存在になりました。
Commented by りゅうた.はは at 2009-08-17 22:54 x
長くてすみません。続きです。

続けて迎えたりゅうたの姪っ子「めい」 、
「りゅうた」とまったく性格が違い、3歳になった今でも訳分からない不思議っ子で手を焼いています。
が、りゅうたを育てた経験から、心配はしていません。

要は、犬たちにとって、私たち飼い主が文字通り「主人」であり、
安心して「頼れる存在」であればいいのではないかと思っています。

人間の親子や兄弟姉妹でも、性格の違いはあたりまえです。
犬にもそれぞれ「犬格」があります。
「その子」を、どう自分の家族として受け入れ、
「その子」に、どう家族内での地位(もちろん人間の庇護の下。それが、犬にとって安心な場所)を受け入れさせるか。

飼い主として、勉強や努力を怠らず、不幸な犬をつくらないようにしていきたいものです。

それができれば何とかなるし、できないという人には犬を飼うのはおやめなさい!と言いたいです。
Commented by ぴーちょこらまま at 2009-08-18 00:43 x
あっという間に沢山のカキコですね。
それだけ皆さんの犬を思う気持ちが熱いのですね~
今は思い出の同じ苦労もありだし。私もその一人です(*^-^*)

今回のお話を聞いて、いろいろ思うことも一杯ですが。中でも私は、モカとうちゃんさんに賛同です。
素直に怒り。素直に悲しむ。
そんなビーチママさんだからこそ、信頼できる相談相手だと思われメールが届いたのだと思います。
相談に乗ったり、相手に手を貸したりするには、まずは自分に余裕がないと出来ないことですが。
その力があるようでしたら、ビーチママの声を待ってる飼い主さんを導いてくれるといいな~と思います。

それにしても、可哀想な犬を作らないためにも。保健所以外のセーフティネットは作れないものかしら?
犬を家族に迎えるときに、結納金が必要なように・・
どうしても里親にの時、せめて持参金の親心で~なんとかなる施設があればな・・
高齢になっても安心して犬と暮らしたいと思う私は切望してますよ。
Commented by レオンまま at 2009-08-18 11:31 x
ご無沙汰しています。
悲しくって、辛くって・・・カキコせずにはいられなくなりました。
飼い主を噛む・・・我が家でも一時悩んでました。
今思えば、あれは何だったのか・・・と思うほどです。
私たちはレオンが大好きで、よかれと思ってしていてたことが、勘違いをさせてしまっていたのです。
コーギーはとても頭がいいです。そして感情も豊かです。
どうか飼い主さん、ビーチママやビーチの仲間にもっと相談してみてくださいね。きっと我が家のようにあれはなんだったの?って思える日がきます。ワンコは大事な家族の一員なんですから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 前だけを向いて 赤い糸はどこ? >>