はじめての体験

5月25日にとまとが始めての出産をしました♪
事前のレントゲンで「8頭ですよ」とは言われていたので「げっ!」とは思って
いたんですけどね~(笑)神様が決める頭数なので、どんな場合も受け入れて♪と。
a0085464_2172036.jpg


交配して間もなくとまとが食事を食べなくなってしまい、我が家ではあまり見ない
「つわり」にとまとは悩まされました。結構長い期間。
それでも後半はつわりがうそのように食欲モリモリになって「さっき食べたよね」
状態に(;・_・)・・・

24日の夜もゲプッと晩ご飯を食べ、ラストの散歩へルンルンへ出かけました。
帰って玄関で・・・「えっ?血?」「うそ!とまと出血してるーーーー!!!」
陣痛も始まってないのに出血です。
急いでいつもの病院へ電話を入れ・・・
何という事でしょう!今までそんな事は一度もなかったのに、この日に限って
先生が不在です。今までどんな時間であっても対応してくれた病院ですが
院長先生と連絡すらつかないと言います(TдT)

そうしている間に緑色のものが出てきて胎盤剥離の可能性が・・・
時間が時間だし・・・と思いながらもAちゃんに電話をし、Aちゃんも一生懸命
「どこか診てくれる病院はないか。だれか知らないか」と連絡をとってくれ、
またAちゃんから連絡を受けたHさんが自分の通っている病院などに
連絡をしてくれ・・・美浜からはちょっと遠い始めてかかる病院へ走る事に。
仕事から帰って1杯飲み始めたビーチパパを乗せて。

AちゃんHさんのお陰もあり、とまとも8頭の子犬もみんな無事で生まれて
来てくれました(*^▽^*)

今回は私にとって初めてがいっぱいありました。
まず手術室への付き添い手術。局部麻酔。
とまとの意識はしっかりあるままの手術。時間が時間であり、事態が事態であるので
私とビーチパパもお手伝いです。

仰向けになり手足を縛られたとまとを動かないようにビーチパパが支えます。
私はこの時点で涙が止まりません・・・

私は先生が取り出した子犬を蘇生&処置です。

手術前に先生から局所麻酔であることの説明を受けます。
私は「そうすることのメリットがあるんですよね?」と聞きました。
先生は「全身麻酔だと、子犬にまで麻酔がいってしまうけど、局所麻酔では
それがない。母親への負担も少ない・・・」など丁寧に説明してくれました。

実際、子犬達はすっごく元気に生まれてきて8頭全員が動きながら私の手に
渡されました。とまとも手術が終わると早速普通に歩いています。
局部麻酔での帝王切開は正しいのでしょう。

でもあの光景を私は忘れる事ができません・・・

a0085464_2164789.jpg


命の誕生にはいろんなドラマがあります。
そして今回もですが、たくさんの方へのありがとうがあって
子犬達へ「無事生まれてきてくれてありがとう」があってとまとへの良く頑張ったねが。

a0085464_21164447.jpg



私のかわいいとまとがママになりました。
頑張って出産を終え、今は優等生のママです(*^▽^*)。
パパの紹介はまた改めて♪ステキなパパですよ~。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
ランキングに参加しています♪
1日1クリックで応援してくださいね(*^▽^*)

ビューティービーチへ
現在4月6日生まれの男の子と女の子のオーナー様募集中♪
お問い合わせくださいね(゚∇^*)ゞ
[PR]

by beauty-b | 2009-05-27 21:48 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。