悲しいけれど・・・

沢山の仲間がいる♪
その中には現実問題、最愛の愛犬を亡くした人も、今現在病気と戦っている人も、
全てを受け入れ病気とうまく付き合っていこうと決心した人も。

そんな仲間達の心に触れるたび、神様は酷い!!と思うことも・・・

先日1年前に愛犬のノアくんを手術後病院で亡くされたパパとママが、小さくなった
ノアくんを連れてビーチへ里帰りしてくれました。
その小さくなったノアを抱きしめたかったけど、そうしたらもう声を上げて泣いてしまいそう
なので、それは我慢して、ノアはずっとママに抱かれていました。

「手術は成功しました」そう言われ、その日のうちに面会にと思った御家族ですが
先生に「まだ麻酔が覚めていないので」と翌日の面会をと言われたそうで、朝が来るのを
待ちかねていたご家族に届いた知らせは・・・
ご家族が会えたのは冷たくなったノアくんだったそうです。

どんなお別れでも納得できるものはないけど、ご家族の気持ちを思うと・・・

そして飼い主さんはいつも自分を責めます。
私もそうであるように・・・
でも人の事だとよく解る。

それは違うという事を。

ノアは感謝の気持ちしかないと思う。
沢山愛され、楽しい想い出がいっぱいあるノア。
「ありがとう」の言葉をいっぱい伝えたいに決まってる。

ノア、生まれてくれてありがとう♪
ビビリちゃんで、男らしい・・・とはお世辞にも言えないノアだけど、かわいくて
優しくて・・・本当にありがとう♪

そしてパパ・ママ・ご家族の皆さん、「ノアの事いっぱい愛してくれてありがとう♪」

どうか、この悲しみをいつの日か力に変えて、前を向いて歩いてください。


コー君、犬があんまり得意でないパパを変えさせちゃったんだってね♪
ありがとうコー君。

沢山の人に愛されたプキ君。プキがいなくなった今もプキの家にはきっと
プキに会いに来る人が大勢いる事でしょう。
沢山の人に優しい気持ちをありがとう、プキくん。

そして、ビーチで生まれた足の短い天使達を、おもいっきり愛してくださった
ご家族の皆様「本当にありがとうございました」。

時間が優しく悲しみを包んでくれますように・・・
そして「もう二度と」とだけはどうか思わないで欲しい。


楽しかった日々が悲しかっただけで終わらないように・・・

辛く悲しい思いをした分、人は優しく強くなれるんだとそう信じています。


皆ステキな心優しい人たちばかり。それ以上優しくなる必要もないほど優しい人ばかり。
そんな仲間達の悲しむ姿は本当に辛い・・・
でも、私も含め前を向いて進まなきゃね。あの子達の自慢できる飼い主でい続ける
ために!
a0085464_18503780.jpg


駆け足で生きているこの子達。
私たちは1日1日を大切に「今」を大切に生きないといけないですね。



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

ランキングに参加しております♪1日1クリックでポチっと応援してくださいね♪
バナーをクリックするとブログ村のページが開きます。
開ききったら応援完了です(*^▽^*)よろしくね♪
皆さんの応援ポチっが更新のエネルギーでっす♪


ビューティービーチへ
4月生まれの男の子、5月生まれの男の子&女の子のオーナー様
募集しています♪
[PR]

by beauty-b | 2011-07-03 19:08 | Comments(12)

Commented by りゅうた.はは at 2011-07-03 20:27 x
駆け足で逝ってしまったわんちゃんたち、
その飼い主さんたちに、心からお悔やみ申しあげます。

月並みですが・・・悲しくて悲しくて、他になんの言葉も出てきません。

いつかは私も迎えなくてはいけないその時に、後悔のないようにしたい。。と思います。
Commented by メロディー&ハニーママ at 2011-07-03 21:25 x
 目が腫れるくらい泣きながら、めぐみさん(プキ・ママ)と話をしました。昨年末一緒に散歩した時は、あんなに元気だったのに… 「今年は2匹、連れていくのは大変だね~」と言いながら、その日を待ちわびていたのに…
メロディーに出会え、今の幸せがあるのは全部、プキの可愛さや賢さのおかげなんです。プキは私の恩犬なんです。
でも、いつかはメロディーにもそういう日が来るんですよね。私にそれを受け止められる心の強さは多分無理です。考えただけで怖くて…

プキちゃんにもう会えない… でも「プキの家」で待っていてくれると信じて、年末、会いに行きます。
Commented by チェリー母 at 2011-07-04 11:12 x
子供の頃から数えて、今まで二度、ワンコとお別れしてるんですよね、、、
一度目は兄がかわいがっていたワンコ、私はまだ3~4歳位で、
ほとんどお世話はしていなかったけれど、別れの時はよく覚えている。
話すのも辛いショックな別れだったし、兄が大声で泣いていた、、、

二度目は私がわがままを言って飼って貰ったワンコ。
かわいくて、かわいくて、別れが来るなんて想像もできなかった。
でもその時は本当に突然で、寒い冬の日、逝ってしまった。
悲しくて悲しくて、もう二度とワンコは飼うまい、と思った。

それから30数年間、本当に飼う事ができなかったのに、
娘がビーチのHPを見つけて、チェリーと出会い、、、
だっこさせてもらった時、「この子を迎えたい」って思った、、、

チェリーがその時を迎えたら、、、きっと大泣きして、
「だから飼うの嫌だったのに!」って思うのだろうなあ~、、、
でも「後悔」は絶対、絶~対にしないと思います。
Commented by ラブカレ。 at 2011-07-04 19:45 x
 ノア君、コー君、プキ君、かわいい我が子とのお別れはとっても悲しいけれど、悲しみは時が癒してくれるはずで、愛犬とのステキな思い出は色褪せるもことはないと思います。

 本当に大事な存在だったってということはここを訪れるみなさん全員が理解していますし、これが「サヨナラ」じゃないと思います。

 「またね!」だと私は思うんです。

 飼い主さん達にはいつか犬を飼ってほしいと思います。
Commented by アズマックス at 2011-07-05 12:05 x
うちのワンコは数えてみたらペコで10匹目でした。
室内飼いは2番目。アズが味めてです。
半室内っていうのは何匹飼いますが(汗)

その回数だけの悲しいお別れがありました。
「悲しくてもう飼わない」という方も聞きます。

でもそれ以上に彼らそれぞれとの
楽しく幸せな想い出が一杯なんですよね。
別れのたびに優しい明かりが心に灯るような気がします。

どうしたって私たちより短い寿命。
彼らの1日は私の1日より早足なんだって
いつも考えていっしょにいます。
ペコの成長の早さもね、もっとゆっくり大きくなってよって思うんですが・・・。

今まで飼ってきたワンコたちとの生活が
今のアズたちとの暮らしにすごく役立っています。
そう思うと先に逝ってしまった彼らは
ちゃんとアズやペコの中で生きてるって思えるんですよね^^
Commented by beauty-b at 2011-07-07 09:15
りゅうたははさん>駆け足で生きていくこの子達・・・
今を精一杯生きるこの子達・・・
この子達に恥ずかしくないよう、私たちも今を大切に生きなきゃいけないですよね。
Commented by beauty-b at 2011-07-07 09:32
メロディー&ハニーママさん>プキの愛したプキの家の人々、プキの家、宮古島・・・それを大切に思うことが、プキに対しての「恩」に報いる事ではないかなって思います。
今は悲しくて難しいかもしれないけど、いっぱい泣いたあとはプキのパパ・ママも悲しみの中、一歩踏み出そうとしている中応援してあげなくてはプキが悲しみますよ。

そう命に永遠はないんです。私たちも犬達も・・・
だからこそ「今」を大切に生きなくては。
プキの恩にこたえるためにも、メロディーママ「生きていなくない」とか
これからは言ってはダメですよ。プキが怒りますよ。
Commented by beauty-b at 2011-07-07 09:36
チェリー母さん>その時の事は誰も考えたくはないけれど、現実を受け止めいっぱい悲しんだ後は「この子の為に本当にすべきことは何?」が考えられたら1つ成長できるのかもしれませんね。
Commented by beauty-b at 2011-07-07 09:38
ラブカレさん>本当にそうですよね。
楽しい日々は色褪せない・・・

悲しみを与える為にあの子達は生きたんじゃないし、それを望んでお空へ旅立ったわけでもない・・・もんね。
Commented by beauty-b at 2011-07-07 09:48
アズマックスさん>アズマックスさんの言葉には優しさや強さが詰まってて本当にその通りだな~って思います。

お空へ行ってしまった子が今いるこの中に生きている・・・
深い意味でそう思います♪
Commented by なおみん(愛良チイママ) at 2011-07-07 20:55 x
ノアくんもコー君も、そしてプキくんも
たくさん、たくさん愛されて皆幸せだったことと思います。
いつか必ずやってくるお別れとその悲しみは深く辛いことと思いますが、
きっとずっと永遠に家族ですよね。
いつまで一緒にいられるのか先のことはわからないけど、
今を、今日一日を大切に過ごそうと改めて思いました。

お空の上でもビーチっこ達が再会してみんなで遊べているといいな・・・

プキちゃんには直接会えなかったけど・・・
先日病院の待合室で長いこと胃カメラ(私の)の検査を長いこと待っていた時のことでした。
県内で前に発売された「新潟わんこ大好き」という一般募集で出来上がった写真集が置いてあったので手にとってみていたら、
とびきりのまぶしい笑顔で海に浮かんでいるコギさんが目に飛び込んできました。
しかも、はしゃいだ顔が愛良とも、そっくり!
すぐに「プキちゃんだ!」とわかりました。
検査がそれぞれ続けて・・・の頃だったので動揺していたのですが
思いがけないところでプキちゃんに元気をもらって、
その日はあの笑顔に癒され乗り切ることができました。
「プキちゃん、ほんとにありがとう♪」
Commented by beauty-b at 2011-07-10 00:06
なおみんさん>そうだね・・・お空の上で皆で集合して、今頃盛り上がっているかもしれないね~。

「僕のママはね」「私のパパはね」って自慢してもらえるような、そんな飼い主になりたいな~って思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。