「ほっ」と。キャンペーン

今日もビーチ晴れ


コーギー達との何気ない日常や思い
by beauty-b
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
まりんぱ工房へ

ビューティービーチへ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

変性性脊髄症


コーギーを保護され里親募集をされています。
里親募集
↑詳細はこちらのサイトで


変性性脊髄症(DM)

この病名を聞いたことがありますか?
今日は、珍しく超真面目なブログですのでお許し下さい(;・_・)

近年、コーギーにこの病気が多く見られるようになって来ました。
これまで高発犬種としてシェパードなどがあげられていましたが、
コーギーも深刻化しているようです。

この病気は、まだわからない部分が多く「現在解っている点」と
「まだ解らない点」をはっきり理解していただきたいと思い、記事に
しました。

症状は多くは10歳以上と比較的高齢になってから発病する
ケースが多く後肢のふらつきから麻痺、ゆっくりと症状は進み麻痺は
前肢にも至り、その後呼吸器系に障害をきたし・・・と言う病気です。
個体差もありますが、その間3年ほどと言われています。

残念ながら現在治療の方法はありません。

椎間板ヘルニアと似た症状の為、間違えて診断されるケースもあるようですが
決定的に違うのがDMには痛みが伴わないという事です。

DMの診断方法は基本的には「ルールアウト」と言われる、この病気ではない
この病気でもない・・・という検査をしていくことになります。

そして遺伝子検査を行います。
これまでDMを発病した個体の遺伝子検査をすると、ある遺伝子(SOD1遺伝子)
の異常が見られるということから、遺伝性の疾患なのかとも言われていますが、
この変異遺伝子を持っていても全ての子が発病するわけではなく、その一部が
発病してます。そしてその割合はまだ解っていません。

また健康なコーギーの遺伝子を調べると約半数にホモ異変が見られ、4割程度が
キャリアであるという事が解っています。DMの遺伝様式もまだ不明である事などから
繁殖についてSOD1の遺伝子型のみにより繁殖に使う個体を決める事は現実的にあまりにも
正常の数が少なすぎて難しいという事になります。
SOD1の遺伝子だけで繁殖に適した子を選ぶと結果的には血の濃い個体のみが残り
他の遺伝子疾患が出る事になります。

ではDMで苦しむ子を作らない事は不可能なのか・・・
私たちは何もできないのか・・・

ホモ・キャリア・正常、組み合わせによってDMが発生しないのではないかという
交配の仕方をしていくことをとりあえずやってみようではないかという事です。

ただし現時点でDMが完全に劣性遺伝であると言う事は確定できていないので
キャリアの子で絶対にDMが発病しないとは言えないのです。

何年もデータを取って、何代も観察していかないといけないのかもしれません。

そしてDMであるという診断は、実際のところ「DMであった」と言う診断が
正しいのです。

今までお話した「ルールアウト」による診断で「DMではないか」「多分DMでしょう」
という事で、その診断を受けた子の遺伝子検査をするとSOD1に異常が見られると
いう事なのですが、辛い話ですが・・・

死後の献体により「DMであった」と確定できることになります。
生前ではできない検査です。

現時点では解らない部分が多く、また治療方法もないDM。

ですが、コーギーを飼われている皆さんには「正確な情報」を得て欲しいと
思います。また地元獣医さんも今現時点での正確な情報、解っている事と
まだ解らない事をしっかり伝えて欲しいと思います。

そこに憶測や・個人の意見が入ってしまうと、それが情報となって間違った
知識となってしまいます。

シリアスブリーダーは、自分の作り出す子すべてに「幸せであってほしい」
「健康であって欲しい」と常に思っています。
DMについてももちろん、真剣に深刻にとらえていると思います。
そして「何とかしたい」「何とかしなくちゃ!」と必死に考え、情報を集め
動き出していると思います。

もし、シリアスブリーダーさんがこの記事を目にして「そうなの!?」と
DMについて真剣に考えるきっかけになれば、それも本望です。

そしてこの病気を根絶させる日が来る事を願い、私たちブリーダーでできること、
皆さんができることをお互いに正確な情報を得ながらその日が1日でも早く・・・と
そう心から願います。
もちろん、DMに関して有効な治療方法の確立も1日も早くと願って止みません。


SOD1の遺伝子検査はこれまで日本ではできませんでしたが、近年可能になりました。
ただし現在のところルールアウトによりDMだと診断された個体にのみ、この遺伝子
検査は基本的に行われているようです。

そして現在日本で深刻化しているDMですが、実はアメリカでもコーギーのDMは
深刻な問題のようです。
DMの高発犬種としてコーギーはあがりそうですね。

コーギーのかかりやすい病気として「DM」を伝えないといけないのかもしれません。


これまで、この記事を書く事をかなり迷いました。
と言うのは解らない事が多い中、憶測や強い脅迫概念にとらわれたりして今、
健康に生活している時間をちゃんと見られなくなる人が増えるんじゃないか・・・
そんな事を思ったからです。

それは本末転倒。知識として知ることは大切だけど、必要以上に怯えたり不安に
なって生活するのは、私は「もったいない」と思います。
言葉が適切でないかもしれません。でも「今」は大切なんです。


そしてDMに限らず、歳をとると言う事はいろんな病気と向き合う機会が多くも
なります。近年の獣医学の進歩と飼い主の意識の向上が、犬達の寿命を延ばし
それがゆえ、これまでにはない病気も多くなってきました。
そういう背景も受け入れないといけないとも思います。

そして・・・1日も早く、この病気で苦しむ子をなくすため、できることなら
DMと診断された愛犬に対し「献体」と言う選択肢も考えていただければと
思います。実際にはなかなかいろんな思いがあって辛いことですが・・・

私もこの病気と実際に向かい合った経験はなく、生きた経験としてのお話ができない
ので申し訳ないのですが・・・
そして慣れない真面目なお話で、ちゃんとお伝えできたか自信がありませんが・・・


すべてのコーギー達が、今日1日笑顔で暮らせること♪
全ての飼い主さん達が、その笑顔に癒され1日を終えること♪
ずっとずっと・・・できるだけずっと♪
a0085464_1521863.jpg



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
ランキングに参加しております♪1日1クリックでポチっと応援してくださいね♪
バナーをクリックするとブログ村のページが開きます。
開ききったら応援完了です(*^▽^*)よろしくね♪
皆さんの応援ポチっが更新のエネルギーでっす♪


ビューティービーチへ
[PR]

by beauty-b | 2011-03-11 15:11 | Comments(14)
Commented by アオイ家 at 2011-03-11 16:57 x
美浜方面、地震&津波で被害は出ていませんか?
皆さんもワンコ達は大丈夫だったでしょうか?

東北~関東方面は大変な事になっているようですね。
被災地にお住まいの皆さんとワンコ達に被害が無ければよいのですが…。

もし何か協力が必要な事があればお知らせ下さい。
出来る範囲で協力させて頂きます。



つい先月、らむママのブログでも変性性脊髄症(DM)について触れた記事があり、とても怖い病気だなぁと思いながら今回の記事も読ませて貰いました。

アオイ家の地元、岐阜大学動物病院の先生がこの病気のプロフェッショナルで遺伝子検査も始まっているとの関連記事も読みました。
http://www1.gifu-u.ac.jp/~vethsptl/vet/naika_dm.html
この中には可哀想な映像もありますが、発症した時の状態を知っておく事も大切かと思い記載させて頂きます。


『「今」は大切』、まさにその通りですよね。
健康な内から心配ばかりしていたら何も出来ないし、そんな毎日はワンコにとっても飼い主にとっても楽しくないですからね。
アオイ家はアオイとの毎日を目一杯楽しもうと思っています(^^)
Commented by ぶっちmama at 2011-03-12 02:58 x
ビーチ地方は被害の方は大丈夫でしょうか?
みなさん無事であることを祈っております。。。

↑ 全く知らなかった病名。
難しいけれど、勉強になりました。
なんとなくでも頭に残っていればいざという時、思い出すもの。
またひとつ、我が子のためになりました^^
ありがとうございます♪

里親募集中のコギちゃん・・・
無事に新しい飼い主様が決まったそうですよぉ^^
Commented by てんそら~ at 2011-03-12 10:09 x
老犬がいるのでうちも心配にはなりますが、どんな状態になったとしても私は、手放したいとは考えませんよ。
いつまでも健康で若い犬もいないですからね。
食事や運動等を気をつければ、良い健康状態を長く保つ事もできるのでは?と思ってます。

あとは、自然の脅威からどうわん達を守れるのか?です。
病気は、獣医さんには研究や治療を頑張ってもらい、人の手でなんとか出来る?けれど、自然の巨大な力にはどう向かっていけばよいか?考えてしまいます。
Commented by beauty-b at 2011-03-13 00:25
アオイ家さん>ビーチは大丈夫です!ありがとうございます♪
信じられない風景に、仲間達の事が心配で心配で・・・

DMは何が怖いって治療法がないってことですよね。
そして解らない事が多いという事。
神志那先生が岐阜大に来られて頑張ってみえます!

頭でっかちになってもいけないし、知る事をしなくてもいけないし・・・
大切なのは「今」ですね♪やっぱり

Commented by beauty-b at 2011-03-13 00:32
ぶっちmamaさん>ご心配ありがとうございます。ビーチは皆無事です♪横揺れに酔ったのか、気持ち悪くなって寝込んだ人一人いますが・・・
(;・_・)

難しいですよね。遺伝子のお話は・・・
ただ、キャリアも含めると殆どのコーギーが遺伝子の異常を持っているというデーターが現在ではあるようなんです。これって何?って。

データーが少ないからなのか・・・そのあたりはわかんないけど、
1日も早く治療法が見つかるといいよね。

里親さん見つかったんですね。教えて下さってありがとう♪
Commented by beauty-b at 2011-03-13 00:39
てんそらさん>DMと戦ってる飼い主さんも皆、手放したいって思ってないと思いますよ。ただ、3年と言う年月の間、じわじわ悪化していく子を最終的には見守るしかなく「安楽死」も視野に入れなければいけないと言うのは・・・辛いことだと思います。

自然の大きな力の前では、私たちはなす術もないな~とつくづく思い知らされました。
Commented by マーレまま at 2011-04-17 00:10 x
はじめまして^^コーギーのブリーダさんの検索をしていて
こちらのブログを拝見し、DMのことが書かれていたので
書き込みしております。
実は先月、なんとか14歳を迎えた女の子コーギーのマーレを、私の腕の中で看取りました。
ここ1年半は完全に寝たきりの介護生活で、2輪でつくった車椅子を途中で4輪に改造し、散歩は欠かしませんでした。
マーレの足の症状からして、このDMに違いないと思っておりました。岐阜大学のことも知っていましたので、マーレが亡くなった時は献体しようと思っていました。
いざその時が来た時は、ほんの一瞬ですが迷いも感じましたが・・・でも、最後にマーレの体が少しでも役立つならと思い、神志那先生に送り方などお聞きし献体しました。

マーレが我が家からいなくなり1か月と少し。でも、やはり
コーギーちゃんとの生活を望んでいる自分がいます。だって、マーレとの14年があまりにもおもしろく楽しかったので^^本当にコーギーって魅力的です^^
Commented by beauty-b at 2011-04-18 23:09
マーレままさん>はじめまして♪コメントありがとうございます。
マーレちゃん、輝いて頑張って・・・そして最後は1番暖かな場所で旅立たれたんですね。

大変な事もあったかと思いますが、それでも一緒に過ごした日々があまりに楽しかったと言えるマーレままさんは、きっとマーレちゃんの自慢のママだったんでしょうね。もちろん今も♪

献体もそりゃ~迷いますし考えますよね。
頭では解っているし、そう決心していたとしても、その時心や頭の中は別の事でいっぱいになっちゃいますもん。

でも・・・本当に頭が下がります。

DMの治療法が1日も早く確立する事を願ってやみません。
Commented by まぶしーはは at 2011-08-08 15:48 x
初めまして。
まぶしーははと申します。
DMを検索しててこちらに辿りつきました。

我が家には10歳と8歳の親子のコーギーがいます。
そして10日程前、10歳のコーギーがDMを発症してるとの診断を受けました。
診断と言っても、MRIでも確たる病変がある訳ではなく、本人にも痛みはなくごく初期なので、本当にそうなのか受け入れがたい診断ではあります。

長いコメントになってしまいましたが、
発病の事もあり、長らくブログは休止中だったのですが、新たにブログを立ち上げ、病気の事も書いて行こうと思っております。
もし、よろしければこちらの記事をリンクさせて頂きたいのですが、ご許可を頂けますでしょうか?
新ブログは今までとはちはうブログを使用しているのでなかなか思った通りに進まず、
ましてや、病気の事となるとなかなか考えもまとまらないのですが、よろしければ、お立ち寄りくださいませ。

検体の件、未熟な私はとてもできそうにありません。

Commented by beauty-b at 2011-08-08 17:48
まぶしーははさん>はじめまして。
病気を受け入れるまで少し時間がかかりますよね。

先ほど少しブログを拝見させていただきました。
DMは遺伝性疾患ですと書かれていましたので、少し生意気なようですが訂正させていただきますね。

確かに遺伝性疾患「説」と言うのはあります。
でも現時点では解らない事が多すぎて「説」もいくつかあります。
岐阜大のHPを見るとその辺は書いてあると思うのでお時間のある時にでもちょっとゆっくり見てね♪

DMに罹った子の遺伝子を調べるとある遺伝子に異変が見られるというのは解っているので、これを「遺伝性の病気」と=で結んでしまう方が多いのですが、キャリアも含めるとコーギーは90%異変があると言われていたり、また2つペアで異変があっても発症しない子もいたり・・・
で、原因も確定できていないし、治療法もない・・・

(文字数オーバーになるので分けます)
Commented by beauty-b at 2011-08-08 17:51
まぶしーははさん>私のDMの記事をリンクと言って下さってありがとうございます。
ただ、先日も私の知らない検査方法をしたと言われる方がみえたり、
自分自身まだ知らない事がたくさんあるのではないか・・・と思っているところでもありますので申し訳ありませんが遠慮させていただきます。
ごめんなさい。もっと勉強してから!とお許し下さい。

もっとこの病気の原因や治療法がしっかりしてくることを望んで病みません。そして今を大切に、病気と向き合ってくださいね♪
Commented at 2011-08-09 07:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by コーギー飼っています at 2012-04-09 23:02 x
初めまして。献体についてもうっすらと検討している段階で
こちらのブログを拝見し、とても参考になりました。
その上で質問がありましたため、投稿しました。

文頭の
>死後の献体により「DMであった」と確定できることになります。
>生前ではできない検査です。


と、

>そして・・・1日も早く、この病気で苦しむ子をなくすため、できることなら
>DMと診断された愛犬に対し「献体」と言う選択肢も考えていただけれ>ばと
>思います。実際にはなかなかいろんな思いがあって辛いことですが・・・

なのですが、死んだ後に初めてDMだと判明するのですか?
生きているうちからDMと診断されるのでしょうか?



Commented by ビーチママ at 2012-04-10 13:31 x
コーギー飼ってますさん>はじめまして♪最初に獣医学も日進月歩ですし、私の知っている中でのお話という事で、お返事させていただきますことをお許しくださいね。

DMの正式な診断、確定は死後にされるものだと思います。
ただ、生前はできないのかと言うと↑の診断はできませんが、ルールアウトによる診断等で「DMの疑い」を診断することは可能ですし、獣医さんたちもDMに関する知識も増えてきているのも確かだと思います。
経験も。

ルールアウトの他に、血液検査や脊髄液(?)などから遺伝子の異常などを見る検査もあるのですが、この検査結果がDMの確定と言うわけではなく、沢山の結果を複合して「DMでしょう」となると思います。

近い将来、DMと疑われる子に有効な治療法やお薬が1日も早く
見つかる事を心から願います。

そしてまたDMはじめ、病気と戦う子とその飼い主さん達が、大変な中にでも毎日を豊かな心で過ごせる事を願って止みません。

ご愛犬の今現在の状態を私はわかりませんが、どうか今日1日が
幸せな時間でありますように。大したお返事になってなくてごめんなさい。
<< 心配・・・ 怒涛の(?)週末 >>