今日もビーチ晴れ


コーギー達との何気ない日常や思い
by beauty-b
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
まりんぱ工房へ

ビューティービーチへ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

主従関係VS信頼関係

世の中、目まぐるしく動いていく昨今・・・
犬達のまわりも例外じゃないですよね。

今日はちょっと真面目な話♪

皆さんが犬を飼おう、コーギーを飼おうと思った時、殆どの方が
「ちゃんと躾をしなくっちゃ」って思ったんじゃないでしょうか?
そして躾の本やネットでの情報・・・勉強されましたよね~。
a0085464_1854267.jpg


で、ちゃんと躾けなきゃって思った時
・主従関係、服従関係をしっかりしないといけない
・ばかにされてはいけない
・家族の中で犬の地位は一番下!
とか思いませんでした?

確かに「主従関係」一色の時期があったのも事実かもしれません。
それが最近そうではないって言われているのをご存知ですか?
大切なのは「信頼関係」。

細かなお話をするととんでもなく長くなってしまうので、なるべく短く・・・と
思うのですが・・・

私はコーギーと16年向かい合って来て、当初は「主従関係」に重きを置いて
きた経験者でもあります。
躾の教室ではチョークチェーン。最初にアルファロールを行い、褒めて躾けるとは
言っても叱ってそれをちゃんと直したら褒めるみたいな。
その方法で、確かに問題行動を起こすような子は一人もいなかったし、その時は
それで満足していましたし、それが間違っているとは思いません。
が・・・

今思うこと。それは信頼関係がもっとも大切であるという事です。
主従関係服従関係からどうしても離れられない・・・って、自信のなさからくる
不安の裏返しのような気がしてなりません。

叱らないと解らない。
いつかとんでもない凶暴な子になるんじゃないか・・・
飼い主に唸るなんてとんでもない!

力で押さえつけて、それでいう事を聞いていると思う。
私は思います。力で押さえつけて教えられた子は、自分もそれをすると。

焦ってはいけません。慌てては。
お薬と一緒で、強い即効性のあるお薬は副作用も強いんだと。
a0085464_1865464.jpg


私の考えはいくらやんちゃであろうと、いう事をなかなか聞いてくれなくても
素直に真っ直ぐ育ってくれていれば、この先かならず良い子になっていくと
思っています。その間にする事は褒められる喜びを知り、人間を大好きな存在にする。
その時期に必要な刺激や学習を、沢山の経験を持っている人に教わりながら
コツコツ積み重ねていく・・・
a0085464_188932.jpg




最近ある方から、質問をいただいて、その質問の中に実際にビーチっ子と接して
穏やかだったり、犬との接し方が上手だったり・・・
それは何で?って聞かれたんです。
凄く嬉しかったです。

ブリーダーとして「全てにおいて愛されるコーギーを」とブリーディング・子犬の時期の
ビーチでの時間・飼い主さんへの躾に対するアドバイス・・・
それが形となり、認めていただいて・・・



そして、私達の愛するコーギーは「犬」であるという事を忘れてはいけません。
私達人間でも完璧なんて人はいないけど、彼らは犬として生まれ彼らのルールを
持っています。だけど彼らが生きていくのは私たちと同じ世界。

まずは彼らのルール、彼らの行動を理解し、私たちと同じ空間でお互いストレスなく
生活していく方法を考えていかないといけません。

そして「甘やかしてはいけない」「甘やかして育てるとアルファー犬になる」って聞いたこと
あると思いますが正しくはアルファー犬なんていなくて「アルファーな状態」なんだそうです。
甘やかすってなんでしょう?

私は思います・・・
例えばブラッシングの時、嫌がり抵抗してくる子にブラシで叩きながら、大きな声で
叱りつけながら行なうのは「力で押さえつける」やり方。

ハードルを低くし、その時間我慢してたらおやつをもらえたり褒めてもらえたり・・・と
言う事を聞いていたら良いことがあると教えていくのは「信頼関係」を築いていくやり方。

そして「いやなの?」「も~できないよ~」と途中でやめてしまうこと=犬の言うとおりになって
しまうこと、これが「甘やかし」だと思います。

決して優しい眼差しや言葉・・・叱らない事が甘やかしではないと。

「イケナイ」や「NO!」など否定的な言葉を使ってはいけないって言うトレーナーさんも
いるほどだけど、これは日本人にはすごく難しいと思う(笑)。

私は使っています。が・・・
信頼関係があってこそ「あっ・・・しまった」が有効的になるし「良い子にならなきゃ!
ご機嫌とらなきゃ」に繋がるんだと思うから、信頼関係が根底にないと意味がないとも
思います。

また、「人の目」ってありますよね~。
今の日本ではまだ、躾に対して間違った感覚が根強くて
「あの飼い主、犬があんなことしても叱らない!」
「甘やかして・・・」って言われちゃう事もあるかもしれないし・・・
辛いところですよね~。

まだまだ今の日本は「主従関係」が優勢なのかもしれません。
飼い主さんがそれで、十分満足であればそれも良いのかもしれません。
躾に関しては人間の子供であっても「スパルタ」が正しいと思われる方も
みえますし、いろいろです。

いずれにしても根本に愛情があることが絶対条件なんでしょうけどね~。

でも、私は信頼関係を強く結ぶ仲でありたいと思います♪
a0085464_18122377.jpg

ブリーディングに対してこれからもいつも前向きにもっと素晴らしい子をと
考え、躾に関してもいつも「今」を学び続け、歴史の上に胡坐をかくことなく
足の短い天使達を作って行きたいです♪

クーガに対してやってあげられなかったこと・・・
あの頃の私に足りなかったもの・・・
いっぱいあるから・・・


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
いつも暖かい応援クリックありがとうございます(*^▽^*)

ビューティービーチへ
るーじゅちゃん、あまおくん二人のオーナー様募集中♪
子犬出産情報からどーぞ♪
[PR]

by beauty-b | 2010-06-13 19:54 | Comments(2)
Commented by ののパパ at 2010-06-14 22:14 x
ののだーーー!
ちょうど1年前、↑ のバナナをくわえた写真にノックアウトされたのの家です。
超甘々な飼い主ですが、毎日この子に癒され・幸せを感じています。
人間を大好きな存在にする〉 ビーチママの言うとおり、ののは朝の時間が限られている散歩中でも、前からやってくるおばさんに「お座り」「伏せ」をしてじっと待ちます。「待ってくれてたん?」とおばさんは必ず笑顔を返してくれます。会う人会う人がののを見て笑顔になってくれるのが散歩の楽しみの一つです。

「のの、家に来てくれてありがとう」の気持ちで、ビーチのよい子計画で勉強させてもらい、ビーチファミリーと交流しながら私たちが成長していきたいと思っています。いつか、ビーチファミリーの先輩方のように、もっともっとののとの良い関係を築いていきたいです。

ビーチママ、これからもよろしくお願いします。
Commented by beauty-b at 2010-06-16 21:39
ののパパ>ののだよ~~♪
私こそ、ののを通じてパパやママに出会えて、ののに、りんだに
感謝です(*^▽^*)(ぱんも忘れちゃいけないね(*≧m≦*)

先日この暑さで、子犬達に大理石のマットを用意しました。
「1年前、ののがここで伸びてたな~~」と同じような格好で寝ている弟妹達をみて感慨深いものがありました。

パパやママのお蔭でののの愛されわんこっぷりは、どこでも発揮されて、ののだけでなくパパやママを見ていても私は思わず笑顔になっちゃいます(*^▽^*)

こちらこそ、これからもずっ・・・とよろしくお願いします♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おりこうさん&問題児(問題おっさん) 悲しみを癒してくれるのもまた犬達 >>